婦人

乾燥肌に悩まされているなら|スキンケアをしっかりしよう

目元の健康に意識を向ける

目を瞑る人

日々の生活にその原因あり

洗顔やメイクオフのとき、まつげがごっそりと抜けてしまった経験はありませんか。まつげが自然に抜けるサイクルは100日から150日程度と言われています。なので、抜けること自体は問題ではありません。しかし、毎日のアイメイクも積み重なると相当なダメージとなります。例えば、日々のメイクには欠かせないビューラーやマスカラがあげられます。これらは、落とすときにもうっかり、ゴシゴシとこすりがちです。最近では、まつエクやつけまつげなどで目元に接着剤を使うシーンも増えましたね。まつげが接着剤に負けてポロポロ抜ける原因となってしまいます。このように、知らず知らずのうちにデリケートなまつげを酷使していませんか。力強いまつげを育てるには、十分な栄養とケアが必要です。

まずはホットタオルから

まつげ美容液がすぐに手に入らない、何をすればいいか分からない場合は、普段から目元に意識を向けるところから始めましょう。たとえば、メイクを落とすときには、クレンジングでこすりすぎないようにします。濃いアイメイクには、電子レンジの500W・1分で即席ホットタオルを用意し、洗顔前にそっと当ててみてください。蒸気が目元を包み込み、メイクが浮いて落ちやすくなる上、リラックス効果も得られます。その後、なでるように、優しくメイクを落としましょう。また、毎日の睡眠を見直してみましょう。うつぶせなど、寝る姿勢によってはまつげに摩擦を与え、抜けることがあります。睡眠不足も、まつげに栄養が行き渡りにくくなる原因です。週に1日からでも、まつげをいたわり睡眠デーを設けてもいいかもしれませんね。